スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【FFXIV COLUMN】パッチ4.0からのレベリング(戦闘職)!各種レベリングコンテンツの解説!

■パッチ4.0からのレベリング(戦闘職)!各種レベリングコンテンツの解説!

ついに、FF14としては2度目となる拡張ディスク紅蓮のリベレーターが発売されました!

もちろん、70まで育っていないジョブだらけですよね?

実際、私もアーリーアクセスから参加していますが、育っていないジョブが多数あります

この記事を作成している今、黒魔道士をレベル60から70にするにあたり、

様々なサイトを参考に試行錯誤しました。

各種レベリングコンテンツの最新の状況

を、1度しっかりまとめておきます。

■死者の宮殿B51~B60

パッチ3.45に登場したコンテンツです。

当ブログでもオススメしているレベリングコンテンツの1つです。

理由は何度か書いていますが、

・マッチングが早い

・取得経験値も多め

・装備の更新がいらない


という点です。

死者の宮殿のマッチングはロール問わず行われる

ため、マッチングの早さを優先したい人に特に向いています。

■コンテンツルーレット:討伐・討滅戦

コンテンツルーレット:討伐・討滅戦も従来からオススメしているレベリングコンテンツの1つです。

・気軽に参加できる

・マッチングが比較的早い

・短時間で終わる(ほとんどが1~5分程度)


と、パッチ4.0でも優秀なコンテンツです。

ボーナスがつくのは1日1回限りという制限があるのですが、

できれば毎日消化しておきたいです。

余談ですが、私はパッチ3.X時代の終盤に

ほぼコンテンツルーレット:討伐・討滅戦だけでレベル60まで育てたジョブが3つほどあります。

マッチングの早さや気楽さを優先したい人に向いています。

■コンテンツルーレット:レベリング

コンテンツルーレット:レベリングは

これまで、あまりオススメしてこなかったレベリングコンテンツの1つです。

公式レベリングコンテンツといって良いと思います。

・ロールによってマッチングが遅い(主にDPS)

・取得経験値がかなり多い

・ほぼID攻略なので時間がかかる(20~30分)


といった点がポイントです。

経験値の多さ自体は素晴らしいのですが、

ボーナスがつくのは1日1回限りという制限があり、

いつものスキル回し(レベル50のもの、レベル60のもの、レベル70のもの)が使えない

ことも注意が必要です。

■パッチ4.0での新規追加ID

パッチ4.0での新規追加IDはプレイしていて楽しい

です。

ただ、レベリングコンテンツとしてはあまり強くオススメしていません。

理由は、

・ロールによってマッチングが遅い(主にDPS)

・取得経験値はかなり多め

・ID攻略に20~30分かかる


といった点からです。

マッチング時間とID攻略時間を加算するとかなり長いというポイントさえ気にならなければ、

もしくはタンクなどのマッチングが早いロールであれば、十分オススメできるコンテンツです。

また、装備更新が重要なので、忘れないようにしておきたいですね!

■蛮族デイリークエスト(グナース族、バヌバヌ族)

蛮族デイリークエストは

・マッチング不要(ソロ可能)

・取得経験値は1クエストあたり最大10万Exp程度

・グナース族、バヌバヌ族合わせて1日あたり6クエスト


といったところがポイントです。

取得経験値は所要時間から考えると多くもなく少なくもないぐらいです。

1日当たりの回数制限があるため、オススメ度があまり高くありません

また、レベルアジャストという機能があるため、

レベル70に近づくにつれて少しクリアしにくくなるのも注意が必要です。

■まとめ

ついに来週、

7月4日(火)に次元の狭間オメガが解放

されます。

自分のペースで楽しみつつも、少しずつ新しいコンテンツの準備も進めていきたいところですね!
スポンサーサイト

【FFXIV COLUMN】ビギナーとリターナー向け!テレポ代節約術の決定版!!

■ビギナー&リターナー向け!テレポ代節約術の決定版!

突然ですが、

テレポ代、節約できてますか?

紅蓮のリベレーターが発売されて約1週間経ちますが、やっぱり

テレポ代は地味にお財布に響きますよね。

長いことプレイしているプレイヤーには当たり前かもしれませんが、

最近も多くのビギナーとリターナーを街で見かけるので、今日は

テレポ代の節約術

を書いてみようと思います。

主に、

お気に入りのエーテライトとデジョン先

の選び方について書いていきます。

■お気に入り(無料)のエーテライトはどこに登録すべきか?

ワンタイムパスワードを導入しているプレイヤーは、ゲーム内で

お気に入り登録(無料)のエーテライトを1つ

選択することができます。

テレポ代の節約にもなりますが、何よりも自分の大切なゲームデータを守ることになるので、

ワンタイムパスワードは是非導入してみてください!

詳細は公式からどうぞ!

お気に入り登録(無料)のエーテライトのオススメの場所としては、簡単に言うと

・メインクエスト進行中 → 一番新しく開放したマップ

・メインクエスト完了後 → 一番新しい都市


です。

メインクエスト進行中は、一番新しく開放したマップに行く機会がとにかく多いですし、

サブクエストも進めるとなると尚更です。

また、メインクエスト完了後は、いろいろとを考えると別の場所もありですが、

迷ったときはとにかく一番新しい都市にしておくと無難と思います。

■お気に入りのエーテライトはどこに登録すべきか?

パッチ4.0時点でのオススメは、

・所属のグランドカンパニーの都市 → 納品用

・クォーリーミル → レベリング用

・その他お好み


です。

ちなみに私は、なんだかんだ行くことが多いという理由でモードゥナにしています。

■デジョン先はどこに登録すべきか?

デジョン先としては、

・ギルドリーヴでレベリング中 → 最寄りのエーテライト

・2.Xのメインクエスト中 → リムサ・ロミンサ or モードゥナ

・3.Xのメインクエスト中 → モードゥナ or イシュガルド:下層


あたりがオススメです。

4.0以前のメインクエストを進行中の方は、

デジョン先としてリムサ・ロミンサを登録しておくと、

フェリードックからベスパー・ベイに行けることを抑えたうえで、

リムサ・ロミンサ、モードゥナ、イシュガルド:下層のどれかから選ぶとよいかと思います。

■まとめ

今回は、テレポ代節約術をお伝えしました。

また、一部アイテムやフリーカンパニーのアクションを使用すると、

テレポ割引の効果を得ることができます。

20170627_1.jpg

テレポ代の上限が999ギルになった今は、以前より目に見えて効果があるため、

是非チェックしておきたいところですね!

【FFXIV COLUMN】パッチ4.0メインクエスト後の進め方!これだけはやっておきたい、たった1つのコト!

■パッチ4.0メインクエスト後の進め方!これだけはやっておきたいコト2つ!

紅蓮のリベレーターが発売されて初の週末です!

アーリーアクセスからは2度目の週末となりました。

この週末にがっつりメインクエストをプレイする人も多いのではないでしょうか。

今日はメインクエストを終えたその後に、これだけはやっておきたいたった1つのコトをご紹介します。

■全新マップの風脈解放

全新マップの風脈解放をやっておいたほうがいい理由は、大きく以下の2つです。

・モブハントのモブ討伐に出遅れないため

・メイン以外のクエストをクリアする移動手段の確保


メインクエストをやっていると分かるかと思いますが、実は、

メインクエストをクリアするだけであればマップの風脈を解放する必要はないのです、

理由を順に解説します。

■モブハントの流れに乗り遅れるな!蒼天のときと同様に大盛況!

蒼天のイシュガルドが発売されたときと同様に、

モブハントが大人気

です。

これは、報酬として記章やアラガントームストーンが得られ不活性クラスターという

戦闘系のハイマテリジャ交換アイテムがドロップするから

です。

実際、私も多数参加していますし、かなり大盛況で、報酬もよいです。

今後、レベル70のキャラクターが増えるにしたがって、さらに盛り上がってくるはずなので、

リスキーモブ討伐乗り遅れないないように

というのが理由の1つです。

■2ジョブ目以降の育成にも便利


また、メインクエストをクリアする過程で、最低1ジョブはレベル70になるかと思いますが、

2つ目以降のジョブを育てるとき用に、

各地のクエストをクリアするための移動手段

として空を飛べるようにしておきたいです。

クエストのクリアにかかる時間が全然違うので、是非やってみてください。

■まとめ

今後は、

7月4日(火)に次元の狭間オメガの解放

を控えていますが、

今のところは自分のペースでメインクエストや新ジョブを楽しんだりするのが良いかと思います。

私自身もメインクエストを終え、4.0の様々なコンテンツを楽しんでいる最中です。

極蛮神戦は、来週末あたりを目指そうかなと思っています!

【FFXIV COLUMN】パッチ4.0からのレベリング(戦闘職) レベル60~70編

■パッチ4.0からのレベリング(戦闘職) レベル60~70編

ついに、FF14としては2度目となる拡張ディスク紅蓮のリベレーターが発売されました!

もちろん、70まで育っていないジョブだらけですよね?

実際、私もアーリーアクセスから参加していますが、育っていないジョブが多数あります

この記事を作成している今、黒魔道士をレベル60から70にするにあたり、

様々なサイトを参考に試行錯誤しています(現在進行形)。

そのなかでも、特に効率がよかったもの+aをご紹介します。

ということで、

今回はパッチ4.0からのレベル60~70編です。

※現在は、パッチ4.05に対応した記事こちらにアップしています。

■第1位 死者の宮殿B51~B60(レベル60~レベル70まで)

パッチ3.45に登場したコンテンツです。

が、

レベリング最高率を求めるならこれ一択

だと思います。

・マッチングが早い

・取得経験値も多め

・装備の更新がいらない


という利点があります。

また、特に今は紅蓮のリベレーター発売直後で新ジョブの侍と赤魔導士が追加されたこともあって、

攻略にかかる時間が短いです。

DPS4人でマッチングされることもザラにあるので、10回程度挑戦したところでは、

だいたい10分前後で攻略できる

と感じています。

■第2位 コンテンツルーレット:討伐・討滅戦(レベル60~レベル70まで)

2位はコンテンツルーレット:討伐・討滅戦です。

・気軽に参加できる

・マッチングが比較的早い

・短時間で終わる(ほとんどが1~5分程度)


と、かなり優秀なコンテンツです。

パッチ4.0では2位と位置づけました。

ボーナスがつくのは1日1回限りという制限があるのですが、

できれば毎日消化しておきたいです。

2位にした理由としては、取得できる経験量は申し分ないのですが、

パッチ4.0でレベルキャップ解放があったため、

がっつりレベリングしたい人にはこれだけでは物足りないから、という理由です。

■第3位 パッチ4.0での新規追加ID(レベル61~レベル70まで)

紅蓮のリベレーターでは、新規のIDが多数追加されています。

20170621_1.jpg

新規に追加されたIDはこれまでと違ったギミックもありますし、

メインストーリーを進めるうえで必要な装備も得られるため、

経験値と装備集めが両立できるという点でオススメ

です。

これまで愛用していたジョブも多かれ少なかれ使用感が変わっていると思いますので、

レベル70までのスキル回しに慣れる意味でもいいですね。

ただし、ロールによっては待ち時間がかなり長い場合もあるので、

CFの申請をしながら別のことをやるのがオススメです。

■まとめ

待望の紅蓮のリベレーターが発売になりました!

そして、以前の記事でも書いたのですが、改めて言わせてください。

今回は、レベリングそのものがめちゃめちゃ楽しいです!

記事を参考にしつつ、是非レベリングを楽しんでもらえると嬉しいです。

自分のペースで楽しんでくださいね!

【FFXIV COLUMN】アーリーアクセス真っ最中!紅蓮のリベレーターの『何がスゴいのか』を、ネタバレ無しで解説する!

■アーリーアクセス真っ最中!紅蓮のリベレーターの『何がスゴいのか』を、ネタバレ無しで解説する!

紅蓮のリベレーターが楽しすぎる!

蒼天のイシュガルドから、約2年ぶりとなった紅蓮のリベレーターですが、

とにかくスゴ過ぎます!!

アーリーアクセス期間中ということもあるので、

ネタバレ無しで、感動したポイントをお伝えしていきます!




■とにかく広大なマップ!蒼天のときとは一味違う感動!

紅蓮のリベレーターは、蒼天のイシュガルドでのダークな色使いとはまた違った、

広大なフィールドや海がとにかく魅力的です。

海に限らず、いろいろな場所が泳げるようになっており、

特に意味もなく、泳げるかどうか試してみたりするのも楽しいです!

この記事を書いている時点ではまだレベル63なので、

これから更に広大な世界が待っているかと思うと、楽しみで仕方がないです!

■サウンドの凄さも見逃せない!

個人的には度々触れていますが、

FF14のサウンドは本当に素晴らしい!



そういえば以前、祖堅さんとお会いした際にサウンドの感動を直接伝えたときに、

「今からでも遅くないので、こっち(開発側)来ませんか?笑」

と言われ、真に受けそうになったのを思い出しました。

本当に、今回も素晴らしいです。

■圧倒的なコンテンツ量!レベリングも面白い!

やはり拡張ディスクともなると、

わかってはいても、コンテンツ量が圧倒的です!

それに加え、今回は全ジョブの遊び方が大なり小なり変わっているため、

レベリングをしているだけでも、新たな発見があります!

レベリングが面白いというのは、本当にすごい。

全ジョブ、じっくり楽しんでみたい感じです。

■まとめ

アーリーアクセスの真っ最中ではありますが、

いよいよ、紅蓮のリベレーターの発売まで、残り2日です!

なんとかアーリーアクセスの間にレベル70にしたいところですが、どうだろう。

まだまだ全力で楽しんでいきましょう!

【FFXIV UPDATE】クライアント更新開始!アーリーアクセスに出遅れないために、クライアントの更新をしておこう!

■クライアント更新開始!アーリーアクセスに出遅れないために、クライアントの更新をしておこう!

クライアントの更新が開始されました!

20170615_1.jpg

紅蓮のリベレーターのアーリーアクセスに出遅れないようにするため、

忘れずにクライアントの更新をしておきましょう!

【FFXIV COLUMN】紅蓮のリベレーター4日前!アーリーアクセス直前の要チェックポイント3つ!

■紅蓮のリベレーター4日前!アーリーアクセス直前の要チェックポイント3つ!

紅蓮のリベレーターのアーリーアクセスまで、残り約4日となりました!

今回は前回の蒼天のイシュガルドをベースに

アーリーアクセス4日前の要チェックポイント

を抑えておこうと思います。

■『本当に』アーリーアクセスの準備はできているか

6月2日に、公式より

「紅蓮のリベレーター」 アーリーアクセス開始日時決定

というトピックスが追加されています。

私は蒼天のイシュガルドでアーリーアクセスの方法をしっかり確認していなかったため、

若干アーリーアクセスに出遅れました。

特に、

製品を予約して安心している方

是非もう一度アーリーアクセスの方法を確認してみてください

■『やり残したこと』より『この先どうしたいか』

よほどプレイ時間に余裕がある人を除いて、紅蓮のリベレーターを前に

『やり残したこと』があるのは当然

です。

正直に言うと、私もあります。

ただ、4日後にはアーリーアクセスが始まると決まっているのだから、

『この先どうしたいか』を考えてみる

のはどうでしょうか。



例えばつい先日公開されたローンチトレーラーを見ながら

紅蓮のリベレーターでは何から遊ぼうか考えてみたり。

触れたことのないジョブにチャレンジしてみたくなったり。

まだ見ぬ世界でどんな美しい景色が待っているかワクワクしてみたり…。

■『ログアウト場所』を決めよう!

6月15日の18時から6月16日の18時頃にかけて行われる

約24時間のメンテナンス後に降り立つ世界
は、

これまでの世界の先に、全く見たことのない世界

が広がっています。

オンラインゲームをやっていて、

最も衝撃的で楽しい瞬間の1つ

だと思います。

じっくりと、ログアウト場所を決めてみてください。

■まとめ

いよいよ、紅蓮のリベレーターのアーリーアクセスまで残り4日です!

リアルの準備も抜かりなく進めておきたいところですね。

本当に一歩もゲーム画面から離れたくなくなったときのために、

食料を少し買いだめておく

のもよいかもしれませんよ!

【FFXIV COLUMN】紅蓮のリベレーター1週間前!忙しい人のための6月14日、15日、16日の過ごし方と想定スケジュール!

■紅蓮のリベレーター1週間前!忙しい人のための6月14日、15日、16日の過ごし方と想定スケジュール!

紅蓮のリベレーターのアーリーアクセスまで、残り約1週間となりました!

今回は前回の蒼天のイシュガルドをベースに

アーリーアクセス開始前後の過ごし方と想定スケジュール

を提案してみようと思います。

■6月14日(水)まで

6月14日(水)までは、

やり残したことや、準備の漏れがないかの再確認

をするとよいと思います。

ポイントとしては、

・金策

・レベリング

・2.Xや3.Xシリーズのコンテンツ


などが主なところかと思います。

当ブログの記事としては、

・ギルが貯まる!7つのルール

・パッチ3.45からのレベリング(戦闘職)レベル50~60編

・パッチ4.0準備号!あえて今、3.0パッチノートを読み返す(その1)


などを参考にして頂ければと思います。

■6月15日(木)

6月15日(木)は、

とにかく体を休める!

これに限ります。

蒼天のイシュガルドでは、2015年6月18日(木)18時からメンテナンス開始で、

20170609_1.jpg

その約3時間後にクライアントの更新が開始できる状態になっていた

20170609_2.jpg

ので、今回も

15日(木)の夜にはクライアントの更新が開始できる

と予想しています。

スムーズにアーリーアクセスが開始できるよう、

クライアントの更新はこの日に開始しておきたいですね。

■6月16日(金)

6月16日(金)は、

紅蓮のリベレーターへ全力で乗り込む!

日です。

できれば、サーバーがオープンする予定の18時頃までにはプレイ環境を整えておきたいですね。

蒼天のイシュガルドでは、初の拡張パッケージということもあってかなり混雑しました。

20170609_3.jpg

混雑への対策は今回も迅速に施されるかとは思いますが、

できるだけ早めにログインしておくほうがよい

でしょう。

■まとめ

さあ、ついに紅蓮のリベレーターのアーリーアクセスまで残り1週間です!

仕事や課題を片付けておくなら今のうちに。

…数年に一度のお祭りですよ!

【FFXIV COLUMN】TVドラマ『光のお父さん』を見るためだけに、Netflixに登録した件(第7話)

■TVドラマ『光のお父さん』を見るためだけに、Netflixに登録した件(第7話)

ドラマ『光のお父さん』第7話が放送されました!

感想文を書くことは随分前から決めていたのですが、悩みに悩んだ結果、

毎週日曜日ぐらいにしよう

ということにしました。

この記事はTVドラマ「光のお父さん」のネタバレを含むため

楽しみにされている方は、ドラマを視聴してからお読みくださいますようお願いします。

今回は、第7話です。

■夢は夢のままで

今週は主人公の光生が自分の少年時代を回顧するいつものシーンから始まります。

そして物語はついに宿敵「ツインタニア」とのバトルシーンへ。

「父さん、あなたはこの手品のタネを聞きたいですか」

ついに最終話!クリスタルが輝くオープニングへと、シーンは展開していきます。



■ツインタニアについて

このツインタニアについて、ドラマの中では深く語られていませんが、私は個人的に

FF14を語るうえで、欠かすことのできないボス

と言っていいと思っています。

酷評を受けた根性版からの新生を遂げたFF14の、最初の最高難易度のレイドボス

私も必死になって挑んだ思い出がありますし、

初めてツインタニアを倒したときの感動

は今でも忘れられません。

良くも悪くも強烈なゲーム体験だった根性版からプレイしていて、

新生後、こんなに感動するゲームになったことに、作り手じゃないのに感動してしまいました。

■その強さは尋常じゃない

ツインタニアは、信じられないぐらい強かった。

本当に

「絶対に勝ってやるという強い気持ち」

が必要な戦いだった。

私がクリアできたのは、

当時のフリーカンパニーの仲間

がいたからこそでした。



■そして父に全てを打ち明ける瞬間

「病気なんて大した敵やない」

いやー…ちょっとこの展開になると、個人的に弱いのでどうしても泣いてしまいます

クライマックスは是非、直接確認してみてください…!




【FFXIV COLUMN】5分で読める!メイン黒魔の私が、キャスターの全ロールアクションを解説する!

■5分で読める!メイン黒魔の私が、キャスターの全ロールアクションを解説する!

各メディアから紅蓮のリベレーターの新情報が続々と出ています!

全記事に目を通しましたが、

やっぱり何といっても気になるのは私がメインでプレイしている

キャスター(遠隔魔法DPS)

です。

既存の黒魔道士、召喚士に加え、赤魔導士が追加されることが決定しています。

そこで今回は、

キャスターの全ロールアクション

を解説しておきたいと思います。

念のためですが、6月3日(土)時点で把握している情報なので、

4.0リリース時には変更されている可能性が十分にあります。

そこだけは注意してお読みください!

今回は、ファミ通さんの記事やスクリーンショットを参考にしています。

■アドル

アドルは、

一定時間、対象のINTとMDNを15%減少させる

という効果のロールアクションのようです。

現在実装されているスキルの中では、ウイルスが最も近いものになりそうです。

使いどころはこれまでと同様に、ボスの重い一撃の前などになりそうですが、

ウイルスと違いSTRとDEXの減少効果は無いので、注意が必要です。

■ブレイク

ブレイクは、

対象に無属性魔法攻撃を与え、さらにヘヴィを付与する

という効果のロールアクションのようです。

現在実装されているスキルの中では、ブリザドが最も近いものになりそうです。

ブリザドとは違い無属性の攻撃なのですが、若干威力が控えめになっています。

■ドレイン

ドレインは、

対象に無属性魔法攻撃を与え、さらに与えたダメージの一部を吸収する

という効果のロールアクションのようです。

現在実装されているスキルの中では、エナジードレインが最も近いものになりそうです。

エナジードレインとは違い、

エーテルフローのストックは無く、若干威力が控えめになっています。

これまで自己回復力が乏しかった黒魔道士としては、嬉しいアクションです。

■ディヴァージョン

ディヴァージョンは、

一定時間、自身の敵視上昇を抑える

という効果のロールアクションのようです。

現在実装されているスキルの中では、静者の撃が最も近いものになりそうです。

これまでどおり、集中的に攻撃する際の敵視上昇を抑える目的で使うことになると思います。

■ルーシッドドリーム

ルーシッドドリームは、

自身に対する全ての敵視を半減させ、自身のMPを継続回復する

という効果のロールアクションのようです。

現在実装されているスキルの中では、女神の加護が最も近いものになりそうです。

■迅速魔

迅速魔は、

一定時間、次の1回の魔法詠唱について、詠唱時間無しで詠唱することができる

という効果のロールアクションのようです。

現在と変わらぬ効果ですが、ロールアクション化されます。

ただ、黒魔道士としては紅蓮のリベレーターからはエノキアンの維持が容易になるため、

これまでとは違った使い方をすることになるかと思います。

■マナシフト

マナシフトは、

自身の最大MPの20%を対象のパーティメンバーに与える(ただし、現在のMPが最大MPの20%に満たない場合、現在のMPまでを与える)

という効果のロールアクションのようです。

これまでに全くなかったタイプのアクションです。

ボス戦ではもちろんのこと、

IDの道中にMP切れを起こしたヒーラーさんに投げるといった使い方もできそうですね。

■アポカタスタシス

アポカタスタシスは、

パーティメンバーひとりを対象として、被魔法ダメージを20%軽減する

という効果のロールアクションのようです。

現在と変わらぬ効果ですが、黒魔道士の専用スキルではなくなり、ロールアクション化されます。

■堅実魔

堅実魔は、

一定時間、次の1回の魔法詠唱について、詠唱妨害されずに詠唱することができる

という効果のロールアクションのようです。

現在と変わらぬ効果ですが、ロールアクション化されます。

ここぞ!というときに使いたいですね。

■イレース

イレースは、

パーティメンバーひとりが受けている継続ダメージ効果を解除する

という効果のロールアクションのようです。

一部の敵は協力なDOTを放ってくることがあるので、使い時を見極めたいですね。

ここぞ!というときに使いたいですね。

■まとめ

各メディアより、

紅蓮のリベレーターの新情報が続々と出ました!

ただ、情報があまりに多いので、

がっつり読み込む時間がない人向けに、何かできることはないかと考えています。

では、また!
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カウンター
Twitter
宣伝スペース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。