スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【FFXIV COLUMN】TVドラマ『光のお父さん』を見るためだけに、Netflixに登録した件(第7話)

■TVドラマ『光のお父さん』を見るためだけに、Netflixに登録した件(第7話)

ドラマ『光のお父さん』第7話が放送されました!

感想文を書くことは随分前から決めていたのですが、悩みに悩んだ結果、

毎週日曜日ぐらいにしよう

ということにしました。

この記事はTVドラマ「光のお父さん」のネタバレを含むため

楽しみにされている方は、ドラマを視聴してからお読みくださいますようお願いします。

今回は、第7話です。

■夢は夢のままで

今週は主人公の光生が自分の少年時代を回顧するいつものシーンから始まります。

そして物語はついに宿敵「ツインタニア」とのバトルシーンへ。

「父さん、あなたはこの手品のタネを聞きたいですか」

ついに最終話!クリスタルが輝くオープニングへと、シーンは展開していきます。



■ツインタニアについて

このツインタニアについて、ドラマの中では深く語られていませんが、私は個人的に

FF14を語るうえで、欠かすことのできないボス

と言っていいと思っています。

酷評を受けた根性版からの新生を遂げたFF14の、最初の最高難易度のレイドボス

私も必死になって挑んだ思い出がありますし、

初めてツインタニアを倒したときの感動

は今でも忘れられません。

良くも悪くも強烈なゲーム体験だった根性版からプレイしていて、

新生後、こんなに感動するゲームになったことに、作り手じゃないのに感動してしまいました。

■その強さは尋常じゃない

ツインタニアは、信じられないぐらい強かった。

本当に

「絶対に勝ってやるという強い気持ち」

が必要な戦いだった。

私がクリアできたのは、

当時のフリーカンパニーの仲間

がいたからこそでした。



■そして父に全てを打ち明ける瞬間

「病気なんて大した敵やない」

いやー…ちょっとこの展開になると、個人的に弱いのでどうしても泣いてしまいます

クライマックスは是非、直接確認してみてください…!




関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
カウンター
Twitter
宣伝スペース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。